【Apple Watch】現場仕事にも!タフなケース【Spigen ラギッドアーマープロ】レビュー

Spigen AppleWatchケースITガジェット
スポンサーリンク

今回は、Apple Watch用のケースの紹介です。
ちょっと激し目の仕事にも耐えられる、バンド一体型Apple Watchケースを紹介します。

この記事は

  • タフな現場仕事だとApple Watchの傷が心配
  • タフな現場でも安心してApple Watchを使いたい
  • ゴツイ時計が好きだが、Apple Watchの機能は捨てがたい

そんな方に、今回Amazonで購入した

Spigen ラギッドアーマープロ 40mm ブラック

が予想以上に良くできていたので、紹介します。

ラギッドアーマープロに合わせる文字盤はこれでカスタマイズ。

スポンサーリンク

Spigen ラギッドアーマープロの紹介

Spigen ラギッドアーマープロを選んだ理由

今回は、頑丈なケースを購入したいと思い、バンド一体型ケースから選びました。

最終的に Spigen ラギッドアーマープロ を選んだ理由は、

  • いかにもゴツくて頑丈そうなデザイン
  • ケースが二重構造になっていて、衝撃に強そう
  • ケースとベルトが一体になっているので、バンドの接合部分の破損を心配をしなくて良い

と言ったところです。

購入前に比較したバンド一体型ケース

今回、Spigen ラギッドアーマープロを購入する前に、比較検討した商品がいくつかありました。

それぞれの特徴も併せて紹介しておきます。

SUPCASE THE UB PRO

created by Rinker
¥2,850(2022/10/04 19:58:54時点 楽天市場調べ-詳細)

SUPCASE THE UB PRO 40mm ブラック

実はSpigen ラギッドアーマープロとコレ、どちらを購入するか最後まで迷いました。

比較的オーソドックスなデザインのSpigen ラギッドアーマープロと比べると、結構攻めた感じ(?)のゴツイ雰囲気と、サイド部分のカーボン調の模様がが特徴的です。

カラーラインナップは全10色。
管理人としては赤が結構ハデな感じで良かったんですが、他の色と比べるとちょっとお値段が高かったんですよね。

このSUPCASEはバンドを留めるツメが2本あるので、実際に手首にはめた後ベルトを留めるのがちょっと面倒かな?思って最終的にSpigenを選びました。

管理人
管理人

ツメが2本あっても気にしない、むしろ2本ある方が好きなら、こちらもアリだと思います。

KIMOKU コンパチブル Apple Watch バンド 40mm ブラック

KIMOKU コンパチブル Apple Watch バンド 一体型

KIMOKU コンパチブル Apple Watch バンド 40mm ブラック

カラーは全部で12色と、カラーバリエーションが豊富なケースです。
クリアーカラー(クリアブラックなど)も用意されていて、カジュアルな感じが強めです。
サイドボタンを押し込む部分が別パーツになっていて、3色から好きな色を選んで取り付けられます。

KIMOKUのケースで特徴的なのが、バンド全体に空いている沢山の穴。
これだけたくさん穴が開いていると、小刻みにサイズ調整ができそうな感じですね。
さらにこの穴のおかげで、通気性も良さそうです。

管理人
管理人

これも、バンドを留める爪が2本だったのでやめました。

NikalaJP Apple Watch 一体型 ナイロン+TPU 迷彩 40mm

NikalaJP Apple Watch ケース バンド 一体型 ナイロン+TPU

NikalaJP Apple Watch 一体型 ナイロン+TPU 迷彩 40mm

NikalaJPのケースは、バンド部分がナイロン素材+マジックテープで、手首に装着する際にサイズの微調整ができるのが良さげです。
「あとほんの少しだけ緩めたい・・・」と思ったとき、マジックテープタイプだとミリ単位で調整ができるのでありがたいですね。

カラーバリエーションは、グリーン・ブラック・ブルーの3色。
『迷彩柄』という特徴的なケースなのでビジネスシーンにはちょっと不向きかもですが、休日用と割り切ればアリでしょう。

管理人
管理人

迷彩好きな人なら、コレはありかもです。

スポンサーリンク

Spigen ラギッドアーマープロ 開封

Spigen ラギッドアーマープロのパッケージ

では、到着したSpigen ラギッドアーマープロ を開封していきます。

パッケージのサイズは、6~7センチの立方体に近い感じです。
パッケージの紙は手触りが良いですね。
同梱物は、特にありませんでした。

Spigenのパッケージ。立方体に近い形
こんな感じの箱に入ってきます。

Spigen ラギッドアーマープロの第一印象

現物を見た第一印象は、「やっぱ、あの時計っぽいなぁ」ですね。(笑)
表面は若干マットな感じで、手触りは結構いいです。

ケースの全体画像
やっぱり、「あの時計っぽい」です。
スポンサーリンク

Spigen ラギッドアーマープロ装着

早速、Apple WatchにSpigen ラギッドアーマープロを装着してみましょう。

Apple Watchを取り付ける

Apple Watchについているバンドを取り外します。
ケースの裏面からApple Watchを装着します。
Apple Watchのデジタルクラウン側からケースへ押し込んでいきます。

ケースの裏面側から、デジタルクラウンを先に入れて押し込んでいく
ケースの裏面側から押し込んでいきます。デジタルクラウンを先に入れるのがコツ。
管理人
管理人

弾力性がある素材なので、あまり苦労せずに押し込めることが出来ます。

取り付け後の全体像

取り付けるとこんな感じになります。
悪くないですね。
画面の上下にアルファベットで文字が刻印してあります。
(画面上側「RUGGED ARMOR」、画面下側「SHOCK RESIST」)
デジタルクラウンを右側に設定して使う場合は問題ありませんが、デジタルクラウンを左側に設定する場合は、刻印された文字が上下逆さになりますので、要注意です。

AppleWatchをケースに取り付けた状態
結構、ピッタリフィットです。
AppleWatchをケースに取り付けたところ。反対側から。
背面は大きくくりぬかれているので、充電なども問題ないです。

Spigen ラギッドアーマープロ 細部の作り

Apple Watchを取り付けると、結構ピッタリフィットです。
ごくわずかな継ぎ目(バリ?)はありますが、気にするほどの物ではありません。

画面とデジタルクラウンのアップ画像
あまり目立ちませんが、本当にほんの僅かにバリがあります。


ベルトの穴も立体的に開けられていて、装着しやすそう。
デジタルクラウン、サイドボタン共に操作性は問題無し。

ベルトバックル部分
留め穴の余りは、4つでした。
デジタルクラウン、サイドボタンのアップ


画面操作も問題ありません。
スピーカ部分の穴もしっかりと開いてます。

側面のスピーカー穴
スピーカー穴もきちんと開いています
バンド裏面、尾錠側
この英文字の刻印は要らないかも。
バンド裏面、留め穴側
留め穴は数が多く、立体的に開けられています。

Spigen ラギッドアーマープロとG-Shockの比較

手持ちのG-SHOCKと並べてみました。

ケースとG-SHOCK
なかなかいい雰囲気です
管理人
管理人

G-SHOCKは丸形ですが、やはり雰囲気は似ていますね。

ケースとG-SHOCK、バックル側
バックル側。G-SHOCKはベルトが結構余ってますが、Spigenは余りが結構短いです。
スポンサーリンク

Spigen ラギッドアーマープロの良いところ・イマイチなところ

Spigen ラギッドアーマープロの良い所・イマイチなところを見てみましょう。

◎Spigen ラギッドアーマープロの良い所

  • ゴツイけどカッコイイデザイン
    いかにも丈夫そうなデザイン、好きな人にはタマランと思います
  • 衝撃に強い二重構造のケース
    少々ぶつけても、AppleWatchをしっかりと守ってくれます
  • ケースを付けたままでも充電が可能
    手首に接触する部分は開いていますので、充電はもちろん心拍数の計測などもOKです
  • バンド一体型でAppleWatchの着脱も簡単
    休日は別のバンドとケースに簡単に変えられます
    又、バンド一体型なので「結合部から千切れたりしないか」なんて心配もありません
  • Apple Watchを取り外して、ガッツリ洗える
    簡単にApple Watchを着脱できるので、気が向いたときにササッと洗って清潔に保てます

△Spigen ラギッドアーマープロのイマイチなところ

  • 画面部分の保護が無い
    Apple Watchの画面部分に対する保護はありません
    ケースのフチが画面よりも高くなっているので安心感はありますが、注意が必要
    ケースがピッタリフィットなので、保護フィルムを貼ってもはがれやすそうです
    試しに手元にあった3D保護ガラスを貼ってみましたが、厚みがあってきちんと入らず
    最終的には保護ガラスが割れてしまいました(汗)
    とにかく、画面への直接の衝撃は要注意!
  • バンドが思ったより短い
    G-SHOCKのバンドと比較するとちょっと短い感じです
    手首が細い管理人ですが、思ったよりバンドの余りが少ないです。
    手首が太い人は長さが足りないかもです
    (尾錠の付け根から一番外側の留め穴まで約21cm)
    今回は40mm用だったので、44㎜用は少し違うのかも?
  • バンド部分裏面の文字の刻印は不要
    バンドの裏面(手首に触れる側)に文字が彫り込んであります
    長く使っていると、ここに汚れがたまりそうです
    ただの飾りでしょうから、無くてもよかったのになぁと思います
  • バンドの固定金具がプラスチック
    銀色の部分(尾錠部分)、金属かと思ったらプラスチックでした
管理人
管理人

プラスチックでも強度的な問題は無いのかもですが、
尾錠は金属製の方が安心感はありますね。

スポンサーリンク

Spigen ラギッドアーマープロ まとめ

今回紹介した、 Spigen ラギッドアーマープロ はいかがでしたか?

現場仕事にケース無しのApple Watchを付けていくのは、ハッキリ言ってやめた方がいいです

Apple Watchを守るために、何かしらのケースを付けるようにしましょう。

Spigen ラギッドアーマープロ なら、あなたの期待に応えてくれることでしょう。

管理人
管理人

管理人は、Amazonで購入しました。
無料お試し期間中でも、お得にお買い物できます。

Amazon で買い物する方へ!!

Amazonプライム会員は、
対象映画やアニメが見放題の「Amazon Prime Video」や 「Prime Music」、「Prime Reading」などを
追加料金なしで利用できる” 特典満載の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの
500円!!
>> Amazonプライム30日間無料体験

電子書籍が読み放題のKindle Unlimitedや、新しいスタイルの “聴く読書” Audibleもオススメ!


余談ではありますが・・・・

文字盤が変更できるアプリ、「Clockology」で文字盤を G-SHOCK 風にすると、見分けがつかなくなりますね。

Clockology

Clockology

Clockology, LLC無料posted withアプリーチ

イイ雰囲気です。

タフなケースでしっかりとガードをして、今日もApple Watchを使い倒しちゃいましょう!

では、また!

コメント