【RECBOX】レコーダーから番組をダビングして空き容量不足解消

RECBOX アイキャッチ趣味
スポンサーリンク

レコーダー・録画機能付きテレビに常に付きまとう「空き容量不足問題」。

このレコーダー・テレビの「空き容量不足問題」対策として「外付けHDD」(USB HDD)を使っている方も多いでしょう。

「外付けHDD」には空き容量を増やすと言ったメリットだけではなく、デメリットもあります。

例えば、

レコーダーを買い換えると、「外付けHDD」内の録画番組が観れなくなる

とか。

今回、自宅の「空き容量不足問題」対策として、「RECBOX」を導入しました。

「RECBOX」とは何か?も含めて、ご案内します。

この記事は、

  • レコーダーの空容量にいつも悩んでいる
  • レコーダー買換えで、今までの録画が見れなくなるのは困る

と言った方におすすめです。

スポンサーリンク

我が家のBDレコーダー

レコーダーの外付けHDD

BDレコーダー(ハードディスクレコーダー)をお持ちの方は、多いと思います。

我が家にも、ちょっと古いタイプですが2台のBDレコーダーがあります。

メインで働いているのは、Panasonic DMR-BRZ1000(HDD:1TB)と言うBDレコーダーです。

このBDレコーダーに、その辺に転がっていた500GBのHDDをケースに入れてUSB接続していました。

ある時、このHDDの挙動が若干怪しくなってきました。

BDレコーダーが、時々HDDを認識しないことが出てきたのです。

恐らく、HDDの寿命でしょう。

ちょっと対策を考えた方がよさそうです。

ハードディスクの内部イメージ画像

常に「空き容量不足」

更に、BDレコーダーの内蔵HDD(1TB)は、常に空き容量不足の状態です。

理由は、

  • 家族が好き勝手に録画をしている
  • 見終わった不要な番組を消さない
  • 「そのうち観よう」と思って、そのままにしている番組が多い

と言ったカンジでしょうか。

今までにも、楽しみにしていた番組が、空き容量不足で録画できていない事が何度かありました。

そんな時に限って、リアルタイムで見る事が出来ていなかったりします。

何か対策を考えないとマズいです。

スポンサーリンク

空き容量不足対策

VHSビデオテープの画像

HDDの空き容量不足の対策はいくつかあります。

ポピュラーなものを挙げると、

外付けHDD

外付けHDD(USB HDD)を接続して録画可能な容量を増やす対策は、コスト的にも最もポピュラーでお手軽な対策です。

〇メリット

  • 費用があまりかからない。
  • USBケーブルと電源をつなぐだけなので、お手軽。

×デメリット

  • 買い替えなどで、別のBDレコーダーやテレビに外付けHDDを接続しても、中身が観れない
管理人
管理人

お手軽なのは良いのですが、このデメリットはちょっと考えてしまいます。

外付けHDD(SeeQVault規格対応)


SeeQVault規格対応 HDD 」というのは外付けHDDの一種で、著作権保護に対応したHDDです。

〇メリット

  • 別のBDレコーダーに接続しても中身が観れる
    (BDレコーダー側が規格に準拠していれば)


×デメリット

  • あまり店頭で見かけない。
  • 販売されている種類が少なく、マーカー・容量などあまり選ぶことが出来ない。
  • 各メーカー間で互換性があるはずなのに、実際の互換性はかなり怪しい。
管理人
管理人

各BDレコーダーのメーカーが独自性を打ち出すために、いろいろとカスタマイズしてしまった結果、SeeQVault規格にきちんと準拠できておらず互換性が怪しいです。
何のためのSeeQVault規格なのか分からないと言うのが現状の様です。

スポンサーリンク

『RECBOX』があるじゃない

そうやってショッピングサイトを検索していたある日、「RECBOX」を見つけました。

RECBOXの製品ページ画像
出典:アイ・オー・データ

分類的には、「ネットワークハードディスク」と言う位置付けになります。

「RECBOX」自体にチューナーは内蔵されておらず、録画機能もありません。

BDレコーダーやテレビに録画した番組を、ネットワーク経由で「ダビング」する、と言う使い方になります。

〇「RECBOX」のメリット

  • テレビやレコーダーの買い替えに影響を受けない。
  • 家中のテレビから視聴できる。
    (テレビにDLNA機能が必要)
  • スマホやタブレットからも視聴可能。
    (RSシリーズのみ可能。有料アプリが必要)
  • スマホやタブレットで放送中の番組視聴も可能。
    (RSシリーズのみ可能。有料アプリが必要)
  • 外付けHDDを接続して録画容量が増やせる。
  • レーコーダーに書き戻し(ムーブバック)し、ブルーレイディスクに焼ける。
  • テレビで外付けHDDに録画した番組も保存できる。
  • スマホ・タブレットのアプリから設定・操作ができる
    アイ・オー・データから、無償アプリ「DR Controller」が提供されています。
DR Controller

DR Controller

I-O DATA DEVICE, INC.無料posted withアプリーチ

×「RECBOX」のデメリット

  • 耐障害性は無い
  • BDレコーダーに録画した番組をダビングする必要がある。
    (自動ダビング機能あり)
  • 多少のIT知識が必要
    (ネットワーク設定が必要なので)

上記の様に、デメリットは確かにありますが、メリットと比較してみると、管理人の環境では大した問題ではなさそうです。

管理人
管理人

我が家では、BDレコーダーに録画した番組を
「見て消すものはBDレコーダーに置いたまま」
「しばらく保存しておくものは「RECBOX」へダビング」
と言った形で運用しています。

「スマホやタブレットでは見ないよ」と言う方は、

RECBOX LSシリーズ
RECBOX AASシリーズ

の方が、価格が抑えられるのでお勧めです。

☆☆注意☆☆

「ネットワークって何?」
「家庭内ネットワークが無い」


と言う方には、残念ながらRECBOXシリーズはお勧めできません。

「SeeQVault規格対応」の外付けHDDの使用をお勧めします。
(同一メーカー間であれば一定の互換性があるようなので・・・)

スポンサーリンク

【BDレコーダー【RECBOX】レコーダーから番組をダビングして空き容量不足解消:まとめ

アイ・オー・データの「RECBOX RSシリーズ」は、購入してみて思った以上に使える事が分かりました。

我が家では、既に必需品です。

長年にわたる「BDレコーダーの空き容量不足問題」、我が家では「RECBOX RSシリーズ」を導入した事により、一旦は終結かなと思っています。

ただ、機械モノなのでやはり故障した際のリスクはあります。

又、「RECBOX」に退避した録画番組を最終的にどうするか・・・という問題は残ったままだったりします。
この辺りは今後の課題ですね・・・・。

では、また!

コメント