【TUMI 26141】カスタマーエンジニアのお仕事ブリーフケース

パソコン/お仕事
スポンサーリンク

先日、管理人が最近カスタマーエンジニアのお仕事の際に使っているリュックのお話をしました。

今回は管理人が、そのリュック購入以前から使っている、TUMIのブリーフケースを紹介します。

恐らく、TUMIのバッグの中で、日本で一番売れてたバッグではないでしょうか。

ビジネスマンはもとより、CEさんにも大人気のバッグです。

管理人
管理人

管理人も7年ほど前から愛用しています。

この記事は、

  • TUMIのブリーフケースってどうなの?
  • TUMI一番人気「26141」について知りたい
  • TUMI「26141」、人気の秘密は?

と言った疑問に答えられると思いますよ。

スポンサーリンク

TUMI 26141について

26141の名称

管理人が愛用しているブリーフケース,は、

TUMI 26141 DH ALPHA エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフケース

というのが正式名称です。

シリーズで言うと、現行シリーズ「ALPHA3」の2つ前のシリーズ。

この「26141」は、「ALPHA2」シリーズまではラインナップに有ったのですが、残念ながら「ALPHA3」シリーズでは無くなっています。

恐らく、

エクスパンダブル・オーガナイザー・ラップトップ・ブリーフ スタイル番号:1173051041

と言う製品が、サイズ、エクスパンダブル機能や、コンパートメントなどからも、「26141」の後継にあたる様ですね。

TUMI (M)TUMI ALPHA 3 エクスパンダブル・オーガナイザー・ラップトップ・ブリーフ トゥミ バッグ ビジネスバッグ ブラック【送料無料】
スポンサーリンク

TUMIのシリーズ

ネクタイを直すビジネスマン

TUMIのバッグは、同じタイプのものを数年おきにモデルチェンジして、完成度を高めています。

シリーズ変更のたびに、人気のないモデルは廃盤になったり、新しいモデルが追加されたり・・・という事が行われています。

ここ10年位では、

「D4」→「ALPHA DH」 →「ALPHA2」→「ALPHA3」

と、シリーズが新しくなっています。

新しくなるにつれて、

  • デザインの変更
    「アレンジ」と言った方が、ニュアンス的には近いかもしれません。
    時代に合わせた変化と改良をしています。
  • 持ち手の形状変更
    「ALPHA2」以降、押し型のレザーに変更されており、少し持ちやすくなってます。
  • 機能の追加
    タブレット用のポケットの追加など、時代のニーズに合わせた機能の追加。
  • 軽量化
    新素材の採用などで、軽量化を実現。

と言った改良がおこなわれています。

しかし、最後の「軽量化」の項目について管理人は一言モノ申したい!

管理人としては、軽くなることは大歓迎なのですが、モデルチェンジ毎に何となく「ヤワ」になってきている気がします。

素材の厚さと骨組み(?)をスリムにしているような感じです。

「重量」と「丈夫さ」は相反するという事でしょう。

しかし、管理人にとって「丈夫さ」はTUMIの一番の魅力です。

確かに、どこでバランスをとる(妥協点を探す)か難しい所ではありますが、管理人としては「ALPHA2」以降は少し頼りなく感じるのは残念です。
(以前購入した「26108 ALPHA2」は、手放してしまいました。)

スポンサーリンク

26141 DH ALPHA レビュー

では、26141 DH ALPHA のレビューです。

TUMI 26141の外観

「TUMI」定番のデザインと言っていいでしょう。

管理人は、最も「TUMI」らしいデザインだと思います。

本体中央部に、バッグをぐるりと一周するようにファスナーが付いています。

このファスナーをぐるーーーっと開いていくと、バッグの厚みが約5㎝広がります。


急に荷物が増えた時などに、助かる機能です。

「これぞTUMI」と言わんばかりの、ド定番デザイン。管理人は、大好きです(笑)
エクスパンダブル用のファスナー。ぐるっと一周、開くと・・・↓↓↓
左:通常状態。右:エクスパンダブル後。メインコンパートメントの容積が2倍くらいになります。

TUMI 26141のショルダーストラップ

ショルダーバッグの様に、「26141」を肩に担ぐときに使用します。
取り外し可能で、使わないときには外しておくこともできます。

本体との接合部の構造が独特で、不意にストラップが外れる事がない構造になっているスグレモノ。
(この構造は、特許取得しているとの事)

滑り止めのパッドがベルト部分と別構造になっており、フレキシブルに動くところも良く考えられています。

裏面のタグに「Pat.Pending」の文字が見えることから、この構造も特許申請しているものと思われます。

ただ、このパッド裏のすべり止めはそこまで強力ではないのが残念。

因みに、ベルト部分の素材は、自動車用のシートベルトと同じものだそうです。

このショルダーベルトを使用すると、手持ちでは耐えられないくらいの重さのバッグが、不思議と軽く感じます。

管理人は、ある程度の重さになったら、ショルダーストラップを使っています。

TUMI 26141のコンパートメント

TUMI 26141のメインコンパートメント

メインの荷室です。

仕切りも何もない、だだっ広いスペースです。
ファスナーはあまり下まで下がらないので、中のものが不意にこぼれ落ちることはありません。

荷室を拡張した際には、このメインコンパートメントの奥行きが約5cm広がります。

管理人は、サブポーチに入れた工具類、ペンケース、細々したもの(作業用の手袋、ガムテープ等々)をポイポイっと放り込んでいます。
ここに手を突っ込めば、大体の物が入っている・・・感じです。

メインコンパートメント。ただただ、広い荷室です。

TUMI 26141のサブコンパートメント(背面側)

ファスナーが一番下まで下げられるので、「ガバッ」と大きく開くことが出来ます。

メインコンパートメントとは違って、書類などの収納に便利な仕切板が2枚、蛇腹状にセットされています。

出張の時は仕切版の間にワイシャツを入れることもありました。シワが伸びてイイカンジになります。
ファスナーは一番下まで開きます。

一番奥は少し広めで、ここに付属のPC用スリーブ(保護パッド付)がピッタリ入ります。

このスリーブには、15インチまでのノートPC(A4サイズ程度)の収納が可能です。
モバイルノートだと、かなり余裕です。

クッション性十分な、PC用スリーブ。これごと持ち運ぶのもアリ。

又、一番手前に防水素材で作られたポケットが付いています。
500mlのペットボトルがギリギリ入るかな?といったサイズですが、イマイチ使い道を決められずにいます。

TUMI 26141のポケット類

前面ポケット

  • 左上
    深さ・幅・奥行きともに、このバッグ最大のポケットです。
    又、中にはサブポケット的に、小物用・ファスナー付きポケットがあります。
    キーリーシュ付。
    奥についている銘板には、「モデルナンバー」とTUMI独自の「トレーサープログラム」(※)用の番号が記載されています。
    ※この番号をTUMIに登録しておくと紛失時に役に立つらしいのですが、日本ではどうなんだろう?
    管理人は、長財布、自宅のカギ(キーリーシュに繋いで)などを入れていました。
なかなかの収納力。長財布がすっぽり入ります。
  • 左下
    薄マチのポケットで、収納力はあまりありません。
    管理人は、エコバッグや、再利用可能なレジ袋を入れてました。
薄マチなので、あまり入りません。ネームプレートの収納なんかもいいかも。
  • 右上
    細めで深さがある、内側に防水加工が施されたポケットです。
    冷たい飲み物が入ったペットボトル、濡れたままの折り畳み傘等の収納に便利です。
    ポケットの下部分のサイド側に、湿気を逃がす穴が付いています。
便利な防水加工されたポケット。500mlのペットボトルをいれて、ファスナーが閉まります!
  • 右下
    薄マチでサイズも小さいので、あまり物は入りません。
    管理人は、名刺入れを入れていました。
    (ジャストサイズです!)

前面ポケット奥

ガバッと大きく開く、オープンポケットです。

 読みかけの新聞や雑誌など、とりあえず入れたいような物を放り込むのに丁度いい感じです。

 iPhone6くらいの大きさの携帯電話なら丁度収まるサイズの、伸縮性がある「ミニポケット」が付いています。

背面ポケット

ファスナー付きのポケットで、通常はファスナーを閉じています。
雑誌なんかをちょっと入れておくのに良い感じですが、あまり使わないかも。

上:背面ポケット。ダブルファスナーなので、どちらかに寄せておける。下:キャリーオン用のファスナー。

TUMI 26141のキャリーオン

背面の下側に少し隠すように付いているファスナーを上のファスナーと共に開くと、キャリーバッグのハンドルを通すことが出来ます。
出張などの際にキャリーバッグと合体でき、とても便利です。

下のファスナーを開くと、貫通します。わかるかな・・・・?

TUMI 26141のおまけ

  • ポーチ
    バッグと同じ素材で作られた「ポーチ」が付属します。
    全長は約28cmと、堂々たるサイズ。
    管理人は、ペンケースにしたり、充電器やケーブルなどの小物類を入れたりしています
別途購入したら、1万円以上はしそうな立派なものです。
  • ネームタグ
    TUMIのバッグ、すべてに付属しているネームタグ。

    これが無いと、何だか寂しいです。

    昔の物は名刺が入るサイズだったのですが、最近の物は小型化しています。
これがないと「TUMI」っぽくないです。見た目、必須アイテムです。
管理人
管理人

ネットオークションでは、このタグだけが数千円で取引されてたりします。

スポンサーリンク

【TUMI 26141】まとめ

TUMIのベストセラーブリーフケース「26141」を紹介しました。

最新モデルじゃなくても、良く考えて作られているのが判ります。

全てのファスナーの始点と終点に、革を充てて補強してあるところなんて、芸が細かくて感動ものです。(笑)

最新モデルは、旧モデルの使用者の声のフィードバックで、よりよい製品になっていると思いますよ。

因みに、今回紹介した「DH ALPHA」については、新品での入手がだんだん難しくなるかもしれませんが、後継モデル(エクスパンダブル・オーガナイザー・ラップトップ・ブリーフ)もありますので、その辺りはお好みで。

TUMI (M)TUMI ALPHA 3 エクスパンダブル・オーガナイザー・ラップトップ・ブリーフ トゥミ バッグ ビジネスバッグ ブラック【送料無料】

古いTUMIのモデルを長く愛用している方を時々見かけます。
(先日、ピカピカの「D4」シリーズを持っている人を見かけました。)

一度使うと手放せなくなる魅力が、「TUMI」のカバンにはあります。

世界中のビジネスマンに愛される

TUMI のブリーフケース

是非一度、使ってみませんか?

では、また!

コメント