【Windowsセキュリティ】追加のセキュリティソフトは不要?んな事は無い!!おススメのセキュリティソフトを紹介

パソコン/お仕事
スポンサーリンク
悩んでいる女性
悩んでいる女性

Windows10には標準でセキュリティ機能が付いてるんでしょ?
わざわざセキュリティソフトを買う人がいるのはナゼ?

この記事を書いている人

ハンドルネーム:しまぴ
お仕事:職歴30年超、フリーのカスタマーエンジニア。
パソコン・プリンター・周辺機器の保守・セットアップが主な生業。
今までにセットアップしたパソコンは、数千台。(数えてないけど、多分)
導入経験OS:MS-DOS、DOS/V、OS/2、Windows3.1、Windows95以降の全Windows(クライアント)、WindowsNT4.0Server以降のほとんどのWindows(サーバー)、Linux等。

スポンサーリンク

Windowsに追加のセキュリティソフトは不要?

Windowsには標準で「Windowsセキュリティ」(旧Windowsディフェンダー)という、ウイルスなどの脅威に対抗できる機能が備わっています。
Windowsの標準機能なのでオマケ程度かと思いきや、意外にもWindows10以降のWindowsセキュリティは優秀です。

管理人
管理人

このWindowsセキュリティ、「どうせ標準装備の機能だからオマケ程度の性能じゃない?」と思っていましたが、結構あなどれません。

こうした事から『Windowsセキュリティで十分』と言う意見があるのも事実ですが、単体のセキュリティソフトと比較すると動作の軽快さや検出率の安定性など、やはり見劣りする部分もあります。
単体のセキュリティソフトが無くならないのには、それなりの理由があるのです。

スポンサーリンク

おススメのセキュリティソフト

追加で導入するセキュリティソフトには、有償版と無償版があります。
有償版と無償版の主な違いは、以下の様な部分です。

【有償版】

  • 無償版と比較して、多機能・高性能。
  • ウイルス検出後、駆除などの処理もソフトにおまかせで大丈夫。
  • 手厚いサポートが受けられる。

【無償版】

  • 有償版と比較して、機能が限定的。
  • サポートは期待できないので、何かあった場合の対処は基本的に自分で行う必要がある。

有償版は年間数千円の費用がかかりますが、価格に見合った機能と性能が期待できます。
「あまりパソコンに詳しくない・・・」と言う方は、有償版の方が安心して利用できますよ。

注意

セキュリティソフトは、日々進化するウイルスや新しい手口の脅威からコンピューターを守るために、ウイルスなどの情報を日々更新する必要があります。
「定義ファイル」と呼ばれるこの情報を更新しなければ、セキュリティソフトが入っていても何の役にも立ちません。
有償版は有効期限に注意して、期限切れにならないようにしましょう。
(無償版はダイジョウブ)

管理人
管理人

管理人おススメのセキュリティソフトをいくつか紹介しておきます。

有償版

Norton(ノートン)

Norton(ノートン)

  • 正に定番のセキュリティソフト
    超有名な『世界シェアNo.1』の定番セキュリティソフトです。
    管理人が最初に「ノートン」の名前を聞いたのは、30年近く前。
    長く愛されるには、それなりの理由があります。
  • 色々なデバイスに対応
    パソコン以外にも、スマホ・タブレットもダイジョーブ!!
管理人
管理人

以前のノートン製品はパソコンが重くなりやすかったのですが、最近はかなり快適になっています!

ESETセキュリティソフト

ESETセキュリティソフト(イーセットセキュリティソフト)

  • 総合満足度No.1
    検出率の高さと軽快な動作が売りの、総合満足度No.1セキュリティソフトです。
  • 色々なデバイスに対応
    こちらもWindows、Mac、Android、どれでもダイジョーブ!

カスペルスキーセキュリティ

カスペルスキー セキュリティ

  • 性能比較テスト5年連続No.1
    防御力の高さと軽快な動作がウリです
    ※:2011年〜2015年 AV-Comparativesでの評価
管理人
管理人

一時は高い検出率を武器に無双状態な感じでしたが、最近はほかのソフトも頑張ってるのでシェア的には苦戦してる感じでしょうか。
しかし、安定感は相変わらずだと思いますよ。

Avast(アバスト)

Avast(アバスト)

  • 動作が軽い
    クラウド型AIを搭載した次世代型セキュリティソフトで、パソコンの動作に影響を及ぼさないのがウリです。
  • 操作もカンタン
    インターフェースも直感的でわかりやすいので、操作に迷う事は無いと思います。
管理人
管理人

Avastは無償版もありますが、有償版はさすがに多機能です

無償版

Avastアンチウイルス

Avastアンチウイルス

管理人も長らく愛用している、定番の無償アンチウイルスソフト。
Windows・Mac・Android に対応。
無償ではありますが、内部のエンジンは有償版と変わらないので高い検出率を誇ります。
ファイアウオール機能も追加され、機能的にもパワーアップ。
Webサイトの脅威対策は、拡張機能の「Avast Online Security & Privacy」を追加すればOK。(Chrome限定です)

ソフト名\テスト名4テスト
平均
Real-World
Testing
reference set
Tests
Real-World
Protection
2020年3月
Malware
Protection
2020年3月
ノートン100%100%100%100%100%
F-Secure100%100%100%100%100%
カスペルスキー99.99%100%100%100%99.97%
Avast有料版/無料版99.92%100%100%99.70%99.98%
ESET99.85%不参加不参加99.70%99.99%
ウイルスバスター99.74%99.75%100%100%99.20%
Windows Defender99.42%98.10%100%99.70%99.88%
無料アンチウイルスでも、ウイルスの検出率では有料ソフトに引けを取りません。

ただ、有償版と比較して機能が限定されていたり有償版への乗り換え案内がチョイチョイ出てくるのがちょっとウザイかも。

管理人
管理人

モチロン無償版はサポートも期待できませんので、”もしも”の時にある程度自分で対処ができる自信がある方におススメです。

Avira Free Security

Avira Free Security

こちらも長らく実績のある、アンチウイルスソフトです。
1986年創立と、歴史あるメーカーさんです。
性能については以前から評判が良いのですが、日本語対応がイマイチな所がありますので英語に苦手意識がある方は辛いかもです。

各セキュリティソフト 実際の性能は?

色々なセキュリティソフトの特徴や性能は、第三者機関のサイト「AV-Comparatives」で見ることが出来ます。
(Chromeで日本語翻訳していますが、英語表記のページです)


例えば、Avast(無償版)の場合はこんなカンジ。
2018年1月からのテスト結果が掲載されています。
Avastは最低でもブロック率98.9%と安定した成績を残しています。


対するWindows ディフェンダーはこんなカンジ。
比較的ブロック率は高いのですが、若干安定感に欠ける印象です。

こういったことからも、やはり管理人としては追加でセキュリティソフトの導入をおススメしたいです。

スポンサーリンク

【Windowsセキュリティ】追加のセキュリティソフトは不要?んな事は無い!!おススメのセキュリティソフトを紹介:まとめ

今回は、結構優秀な「Windowsセキュリティ」があれば、セキュリティソフトは不要?と言うテーマでお話しました。
Windows10以降のWindowsセキュリティは以前と比べてとても優秀ですが、動作の快適性・検出率の安定性などに少々不満があります。
単体のセキュリティソフトは動作の快適性や検出率の高さ・安定性など、性能的にWindowsセキュリティよりも優れたものが多数あります。
(全ての製品が優れているわけではありませんので注意!!)

有償版・無償版がありますが、パソコンにあまり詳しくない方・予算に余裕がある方は有償版を選んだ方が安心して使えるのでオススメ。

有償版セキュリティソフトは、「ノートン」と「ESETセキュリティ」・「カスペルスキーセキュリティ」・「Avast」あたりをおススメしたいです。

無償版セキュリティソフトなら、「Avastアンチウイルス」。
何かあった時に自分で対応できる方は、無償版でもダイジョウブです。

Windowsセキュリティでもある程度はダイジョウブですが、更にセキュリティを高めて安心してパソコンを使っていきましょう。

では、また!

コメント